成形材料

熱硬化性樹脂(プラスチック)とは

成形材料

プラスチックはその性質上、熱硬化性樹脂(プラスチック)と熱可塑性樹脂(プラスチック)の二つに分類することができます。

ごく一般的には「プラスチック」と呼ばれる製品の多くは熱可塑性樹脂(プラスチック)を示す場合が多く、これは常温では固体ですが、加熱すると溶けて液状になる性質をもっています。

また、強度も弱く、温度環境にも左右されるため、寸法精度も精密ではありません。

それに対し、熱硬化性樹脂(プラスチック)は熱に強く、少々の火では溶けたりしない性質を備えています。

樹脂に熱と圧力を加えて、化学反応を起こすことによって硬化させます。従って、一度固まってしまうと成形前の樹脂の状態とは全く別のものに変化しますので、再び加熱しても軟化溶融いたしません。

金属よりも軽く、陶器よりも強い「熱硬化性樹脂(プラスチック)」成形品は、耐熱性、機械的強度特性、寸法精度や利便性の面からも、それら金属や陶器に代わる樹脂素材として注目され、あらゆる産業分野において、機能部品としてご利用頂いております。

医療機器や船舶部品、食品加工機器など、命にかかわる産業機械にも数多くご利用頂いていることこそが、弊社の熱硬化性プラスチック成形品の信頼性を裏付けているものと自負しております。

浪華合成株式会社の成形材料

弊社で取り扱っている主な熱硬化性樹脂(プラスチック)は以下の通りです。

お問い合わせはこちら