成形材料

ビニルエステル樹脂

ビニルエステル樹脂の特徴

ビニルエステル樹脂は、エポキシ樹脂と不飽和一塩基酸の開環付加反応により合成されることから、以前はエポキシアクリレート樹脂と呼ばれていた。

不飽和ポリエステルが不飽和酸を含む二塩基酸とグリコールから生成する重縮合エステルを主鎖とし、重合性モノマーに溶解した樹脂であるのに対して、ビニルエステル樹脂は末端にのみ不飽和基を持った主鎖化合物を重合性モノマーに溶解した樹脂を言う。

不飽和ポリエステルと同様にビヌルモノマーに溶解した形で使用され、ラジカル発生開始剤により硬化するため、成形方法、用途は不飽和ポリエステルとオーバーラップする。

1966年に変性エポキシ樹脂として上市されて以来、その優れた耐薬品性と靱性から、耐食FRP、機能性FRP、接着剤、光硬化用として需要がある。

ビニルエステル樹脂の用途例

  • 薬液貯蔵タンク
  • パイプ
  • ダクト
  • ベンチレータ
  • タンクローリ
  • 排煙脱硫装置
  • コンクリート受水槽
  • 工場床
  • バスタブ
  • キッチンカウンター

お問い合わせはこちら